2024年6月1日

【にんぱく忍者修行ブログ】忍者豆知識その8

今日は忍者豆知識その8をお送りします。今日はにんぱくの忍者道具の紹介をメインに行います。二種類の手裏剣についてです。

・にんぱくの忍者道具紹介 鉾型棒手裏剣(ほこがたぼうしゅりけん)


先端に矛がついている手裏剣です。
鉾型棒手裏剣は、手裏剣の一種で、その形状が鉾(ほこ、長槍)に似ていることからその名がつけられています。棒手裏剣は一般的に細長い金属製の棒であり、投擲武器として使用されますが、鉾型棒手裏剣は特にその形状が特徴的です。以下は鉾型棒手裏剣についての詳細です。


鉾型棒手裏剣は、長さが約15~20センチメートル程度で、先端が鋭利に尖っているのが特徴です。鉾や槍のように先端が尖っており、刺突力が高いです。
通常、鉄や鋼などの金属で作られており、強度と耐久性が求められます。
一部の鉾型棒手裏剣は、さらに飛行を安定させるためにバランスを考慮したデザインが施されています。
棒手裏剣は手で握って投げることが一般的です。投擲時には、回転をかけることで直進性を保ち、ターゲットに正確に命中させることができます。
必要に応じて、近接戦闘でも使用することができます。短い武器のように使用することができ、刺突武器として効果を発揮します。
主に敵を傷つけるために使用されますが、妨害や注意をそらす目的でも使用されることがあります。特に忍者によって情報収集や暗殺の手段として使用されました。

鉾型棒手裏剣は、日本の武道や忍術の一部として、今なおその魅力を持ち続けています。


・にんぱくの忍者道具紹介 燕型手裏剣(つばめがたしゅりけん)


燕の形をした手裏剣です。燕の羽のように曲線を描いている形状の手裏剣です。
燕型手裏剣は、手裏剣の一種で、その形状が燕(ツバメ)に似ていることからその名がつけられています。この手裏剣は、飛行中にツバメのように羽ばたくような軌道を描くことで知られています。
燕型手裏剣の特徴と利点は以下の通りです。
通常、複数の刃が中央のハブから放射状に伸びている形状を持ち、ツバメの翼のように見えるように設計されています。
その形状により、投げた際に空中で安定した飛行をし、ターゲットに命中する確率が高まります。
他の手裏剣同様に、敵を傷つけたり、妨害したり、注意をそらすために使用されます。投擲技術が重要であり、熟練した忍者はこの手裏剣を効果的に使うことができます。
燕型手裏剣は、忍者の武器の一つとしてだけでなく、現代でも忍術の象徴として人気があります。収集や展示用としても興味深いアイテムです。
具体的な歴史や製作方法についてさらに詳しく知りたい場合は、忍術に関する書籍や資料、忍者に関連する博物館を訪れるとよいでしょう。