2024年6月28日

【にんぱく忍者修行ブログ】忍者豆知識その15

この記事は忍者豆知識その15です。今日は真田十勇士の一人についてお届けします。
・忍者豆知識 根津甚八
根津甚八は、真田十勇士の一人です。
同じ真田十勇士の海野六郎とともに、大坂の陣で戦ったとされます。
真田幸村の影武者として活躍し、大坂の陣の時に討ち取られたとされています。

・にんぱくの忍者道具の紹介・目潰し


相手の目を眩ませる目潰しです。中に目潰しの粉があり、それを相手の顔に向けて振ることで目を眩ませるように使用したとされます。
目潰しの粉は、忍者が使用したとされる戦術的な道具の一つです。この粉は、敵の目に投げつけることで一時的に視力を奪い、敵の動きを制約する目的で使用されました。
目潰しの粉の成分は、砂、唐辛子の粉、灰、その他の刺激性の物質などが含まれていたとされています。
これらの成分は、敵の目に入ると強い痛みと涙を引き起こし、一時的に視界を奪う効果があります。


忍者は小さな容器や袋に目潰しの粉を入れて持ち運びました。
戦闘や逃走の際、敵の視界を奪うために素早く粉を投げつけました。
目潰しの粉は、忍者の戦術の一環として、隠密行動や敵の撹乱に非常に有効でした。これにより、忍者は戦闘を有利に進めたり、追跡者から逃れたりすることができました。
目潰し(めつぶし)は、戦闘や護身術において相手の視力を一時的に奪う戦術の一つです。主に忍者や武術家が用いた技術ですが、現代の護身術や警察の制圧技術にも応用されています。
砂、唐辛子の粉、灰などを混ぜた粉を用いて、敵の目に投げつける方法です。
これにより、相手は強い痛みと涙により視界を失います。
物理的な目潰しとして、指や手のひらを使って、直接相手の目を突く、叩く、押すなどの技術があります。
これにより、一瞬で相手の視力を奪い、動きを制約することができます。
光を利用した目潰しとしては、強い光を一時的に相手の目に向けて、眩しさで視界を奪う方法があります。
現代では、フラッシュライトやレーザーポインターを使うことがあります。
目潰しの効果として一時的な視力喪失になります。
突然の視覚障害により、相手の行動が制限され、混乱を招くことができます。
突然の目潰しにより、相手は驚きと恐怖を感じ、戦意を喪失することがあります。
目潰しは非常に攻撃的な技術であり、重大な障害を引き起こす可能性があります。そのため、使用には法的な問題が伴うことがあります。
目潰しを行う際には、適切な訓練と慎重な判断が必要です。誤った使用は相手に深刻な損傷を与えるだけでなく、自分自身や周囲の人々にも危険をもたらす可能性があります。
目潰しは、緊急時の護身術として有効な手段である一方で、慎重に扱うべき技術です。

ブログ一覧へ