2024年6月10日

【にんぱく忍者修行ブログ】忍者豆知識その11

今回は忍者豆知識その11をお届けします。今日は真田幸村に仕えた真田十勇士の人物についてです。

・忍者豆知知識 穴山小助(あなやま こすけ)
穴山小助は、日本の戦国時代の武将で、真田十勇士の人物で、特に真田幸村の家臣として知られています。彼の詳しい情報は以下の通りです。

穴山小助は、真田幸村に仕えた家臣の一人で、特に武勇に優れた人物とされています。彼は数々の戦いに参加し、その戦功で名を馳せました。幸村の配下として忠実に仕え、彼の軍略において重要な役割を果たしたと伝えられています。

彼の武勇伝の中には、敵陣深くに切り込んで戦った話や、幸村のために命を賭けて戦った話などが多く残されています。
エピソードとしては、真田幸村の配下として、大阪の陣の戦いの際、幸村の影武者としての役割を果たしたとも言われています。幸村を討ち取ったと思いきや、それは影武者だったと言われるエピソードがあります。

穴山小助は真田十勇士に存在する人物です。穴山小助については、戦国時代の武将としての彼の活躍やエピソードが特に注目されています。幸村に仕えた家臣の一人として、彼の名は歴史に刻まれています。

・にんぱくの忍者道具紹介 握り鉄砲(にぎりでっぽう)


手のひらで握ることで発射する鉄砲。芥砲(かいほう)という名称もあります。
握り鉄砲は、江戸時代の日本で使われた火器の一種です。一般的には、小型の火縄銃やピストルのことを指します。以下に握り鉄砲の特徴や歴史について説明します。
握り鉄砲はコンパクトなサイズであり、隠し持つことが容易でした。このため、暗殺や護身用として利用されることが多かったです。
一回の発射で弾丸が一発のみ発射される単発式が主流でした。
当時の技術では火縄を用いて火薬に点火する仕組みが一般的でした。後に、火打ち石を使った発火機構も登場しました。
江戸時代初期から中期にかけて、握り鉄砲は特に武士や忍者によって使用されました。護身用や暗殺、近接戦闘でのサポートとして重宝されました。
忍者は暗殺任務や護衛任務において、握り鉄砲を用いることがありました。小型で隠しやすいため、相手に気付かれずに近づくことが可能でした。
握り鉄砲は、歴史的な小説や映画、ドラマなどでしばしば取り上げられ、日本の武士や忍者の象徴的な武器の一つとして描かれています。
握り鉄砲は、日本の歴史において重要な武器の一つであり、その小型で携帯性の高いデザインは、当時の戦術や生活スタイルに大きな影響を与えました。