2024年5月26日

【にんぱく忍者修行ブログ】忍者豆知識その7

今日は忍者豆知識その7をお送りします。今日は真田十勇士の一人についてです。

・忍者豆知識 猿飛佐助(さるとび さすけ)
猿飛佐助は、真田十勇士の一人で、真田氏に仕えた忍者とされますが、創作上の人物で、モデルになったと言われる人がいます。
猿飛佐助は、日本の忍者の伝説的な人物の一人です。彼は主に江戸時代の創作や大衆文化に登場する架空のキャラクターで、特に真田十勇士の一人として有名です。
猿飛佐助は、動物のような超人的な運動能力を持つことで知られています。彼の師匠は戸沢白雲斎という伝説の忍者で、彼からさまざまな忍術を学んだとされています。
真田十勇士は、真田幸村(真田信繁)に仕えた十人の勇敢な忍者たちの集団で、猿飛佐助はその中でも特に有名です。他の十勇士には霧隠才蔵や三好清海、穴山小助などが含まれます。


猿飛佐助は、卓越した身体能力や忍術の技術を持ち、高い壁を登ったり、大きな飛躍をしたりする能力で知られています。また、隠密行動や偵察、戦闘技術にも長けています。
猿飛佐助は、江戸時代の読本や草双紙に登場し、後に映画、テレビドラマ、アニメ、漫画などでも人気キャラクターとして描かれています。特に児童文学やアクション作品で多く取り上げられ、忍者の象徴的存在となっています。
猿飛佐助の具体的な歴史的証拠は存在しないため、実在の人物ではないと考えられています。しかし、その伝説や物語は、忍者の神秘的なイメージを強調し、後世に影響を与え続けています。

猿飛佐助の物語は、忍者の文化や伝説を楽しむための重要な一部となっており、さまざまな作品でその活躍を見ることができます。

・にんぱくの忍者道具紹介 八方手裏剣(はっぽうしゅりけん)


八方向に棘の突起がついている鉄製の手裏剣です。
八方手裏剣は、手裏剣術において使用される手裏剣の一種です。手裏剣とは、忍者や武士が投擲武器として使用した小型の刃物であり、攻撃や防御、奇襲などに用いられました。八方手裏剣はその中でも特に有名な形状の一つです。
八方手裏剣は、中央から放射状に八本の刃が突き出ている星型の手裏剣です。名前の通り、「八方」は八つの方向を意味し、八つの刃がどの方向に投げても刺さりやすい構造となっています。
多くの場合、鉄や鋼で作られています。丈夫で切れ味がよく、投げた際の破壊力が高いです。
手裏剣は通常、片手で持ち、特定の技術を用いて投げます。八方手裏剣は、その形状からどの角度で当たっても効果的に刺さるため、命中率が高く、敵を驚かせるのに有効です。
手裏剣術は、戦国時代から江戸時代にかけて発展しました。八方手裏剣は、多くの忍者や武士によって使用され、戦闘や自衛の手段として広く認知されていました。また、手裏剣術の訓練は、忍者や武士の重要な技能の一つとされていました。
現代では、手裏剣は主に歴史的な展示品や武道の一環として扱われています。手裏剣術は武道の一部として学ばれることがあり、特に忍者文化に興味を持つ人々にとっては魅力的なテーマです。また、手裏剣は映画やアニメ、漫画などのフィクション作品でも頻繁に登場し、その神秘的でクールなイメージが強調されています。

八方手裏剣は、忍者の武器としての象徴的な存在であり、そのユニークな形状と機能性から、歴史的にも文化的にも重要な意味を持っています。